ソープで出入り禁止になるあれこれ

ソープで出入り禁止になることってあるの?どんなことをすれば出入り禁止になってしまうのか。 - ソープで出入り禁止になるあれこれ

新着情報

◆2016/06/20
ソープで出入り禁止になるあれこれの情報を更新しました。
◆2016/06/20
会社プロフィールの情報を更新しました。
◆2016/06/20
本番に絡むトラブルへの対処方法の情報を更新しました。
◆2016/06/20
出入り禁止の措置をとれるケースの情報を更新しました。
◆2016/06/20
ソープランドでストーカー被害に遭ったらの情報を更新しました。

ソープで出入り禁止になるあれこれ

ソープランドの求人で働いていても、ときに困らせられるお客にあたってしまう場合もあるでしょう。
ソープでプレイ中はソープ嬢と男性客の一対一の状況なので、万が一の時の恐怖心も大きいものです。
もしものときのトラブルの際に、スタッフが全力でバックアップしてもらえなければ安心して求人に応募できませんね。

出入り禁止制度で困ったお客に対応

大きなトラブルにはならなくても、接客していてつらい状況であれば、特定のお客さんを「出入り禁止」にして対応してもらえます。
あまり頻繁に出入り禁止の措置をとってもらうのは商売上無理な話ですが、どうしても困ったときには助けられる制度です。
ソープランドではソープ嬢の身体的・精神的な負担が特に大きく、最低限このような措置がなければもしものときに居づらく感じるでしょう。
完全にソープ嬢に任せきりにせず、きちんとサポートをしてくれるお店かどうかを判断する指針としても、出入り禁止で対応できるかはチェックしておくべきです。

本当に困ったときだけに使おう

どうしても接客する際に困難を感じたり、つらい思いをさせられてしまったなら、迷わず出入り禁止で対応してもらわないと身に危険が及ぶおそれもあります。
ですが、まったく自分の好き嫌いだけでお客を追いだそうとすると、今度はソープ嬢のほうが追放されるリスクも出てきます。
なので、あくまで出入り禁止制度は非常の際の最終的な措置や保険として考えて、軽率な要望は避けるべきですね。
お店に利益を出すためにも、雇われる身としてはなんとか耐えられる範囲であれば我慢しなければならないのです。

どんなときに対応してもらえるか?

お客さんに対して最終措置をとるケースというのは、例えば特定のソープ嬢がしつこいストーカー被害に合ったり、S着(ゴムあり)のところをノースキン(ゴム無し)で強制してくるなどの事態に見舞われた時です。
大切な体を商売で提供すると言っても、身の安全は保証されていなければならないので、こういった被害に遭ったらすぐにお店のスタッフに訴えましょう。
ちょっとした嫌なことなら慣れてくると受け流せますが、勤め始めたばかりではストレスで働けないほど追い込まれるかもしれません。
「時々デートの誘いがしつこくて困っている」「カメラで撮影するのはやめてほしい」といった些細な困りごとでも、遠慮無くスタッフに相談できる空気があると安心です。
対処の仕方を教えてくれたり、お客に注意を促すなど、出入り禁止までは行かなくてもなんとか対応してくれる場合もあります。
gsehtshrsh

まとめ

ソープの商売に慣れてくると自分の体を大事にできなくなる女性もいますが、投げやりな気持ちで体を粗末に扱うべきではありません。
万が一の危険なトラブルがあれば、風俗のお仕事自体を続けられなくなったり、一生残る傷を負わされる可能性もあるのです。
自分一人で抱え込まずに、お店全体が支えてくれるところで働ければ、少なくとも安全は保証されます。
相談すら乗ってくれないお店はトラブルが発生した時も頼りにできないので、できれば他のところへ移動したほうが賢明です。
出入り禁止制度を活用するにしてもある程度自制や我慢は強いられますが、深刻な問題であれば、まともなお店なら然るべき措置をとってくれます。
まだ働き始めたばかりのうちは特に、遠慮無くスタッフに頼ってみましょう。スタッフにかぎらず、店長やソープ嬢の先輩が話を聞いてくれることもあります。